全共候補牛出揃う/JA庄原

 庄原・全共立会調査選抜庄原市全共対策協議会は、今年の9月に宮城県で開かれる、第11回全国和牛能力共進会(宮城全共)の広島県代表牛の選抜を目指し、4月14日に第2区(若雌の1)、第3区(若雌の2)、第7区(総合評価群 種牛群)を、18日に第4区(系統雌牛群)、第5区(繁殖雌牛群)の庄原地域立会調査選抜会を庄原家畜市場で開いた。管内から29頭が出品され、各区で個体審査と比較審査が行われた。

 出品した庄原市比和町の繁殖農家、三谷美登さん(83)は「発育が若干遅れているが順調に調整できている。広島血統の再構築に向け、関係機関がしっかりと体制を整えてくれている。この取り組みに地域の農家が期待している」と思いを話した。

 審査にあたった、全農ひろしま県本部畜産部、家畜流通課三次家畜市場の羽賀博之場長は「広島の系統再構築の取り組みを全国に強く示していきたい。広島牛の特徴を強くアピールできるよう、肩付き・肋張り・品位を重点的に取り組んでいきたい」と総評した。

 今回選抜された、26頭は、6月13日に三次家畜市場で開催される、県最終選抜会で宮城全共の出場を目指す。

(庄原)

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 広島県の農業は”新しい力”を求めています
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • ライススポーツセミナー2017
  • JA共済連広島今月のプレゼント!

メディア情報

  • つなぐ大地の絆
  • あっぱれ熟年ファーマーズ
  • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾
  • ひるまえ直送便