県内でいち早く米の検査始まる/JA三原

 三原・いち早く米の検査始まる。JA三原は22日、本郷営農センターで、県内で最も早い2017年産の米買い入れ検査を行った。20㌧の出荷を見込んでいたこの日、出荷数量は約9㌧(291袋/1袋30㌔)と少なかった。夕立が多かったため、稲刈り作業が遅れた。同JAの農産物検査員が「早期コシヒカリ」を慎重な面持ちで検査をした。今年度の「早期コシヒカリ」は、全体で約80㌧(2,600袋)の出荷を見込んでおり、来月上旬より県内の量販店で販売される予定。

 「早期コシヒカリ」は、4月上旬から中旬に田植えが行われ、8月の盆前後から稲刈りが始まった。JA経済部営農課の林康輝課長は「今年は、概ね良好な天候だったため、生育は順調に推移した。作柄としては、開花期以降の高温の影響で乳心白粒が多くみられるものの、収量は平年以上になる見込みだ」と話した。
(三原)

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 広島県の農業は”新しい力”を求めています
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • ライススポーツセミナー2017
  • JA共済連広島今月のプレゼント!

メディア情報

  • つなぐ大地の絆
  • あっぱれ熟年ファーマーズ
  • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾
  • ひるまえ直送便