西条柿の出荷始まる

庄原・西条柿の出荷始まる 庄原市西城町で特産の西条柿の出荷が始まった。冷涼な気候で栽培された柿は、深い味わいとまろやかな舌ざわり、さくっとした歯ごたえがあり、贈答用として人気がある。

 西城町西条柿振興協議会では作業面を考慮し、主枝が開きやすく低樹高栽培に向いている「早生西条」を中心に栽培。生産者は、収穫した柿をコンテナに入れ、町内にある共同選果場に搬入。選果機で重量別に3L~2Sの6段階に分け、果表の傷やアザ、硬さなどの品質を一つ一つ手に取り目視で確認し、渋抜き用のドライアイスと共に箱詰めする。

 会長の加藤進さんは「今年は、天候にも恵まれ上質な柿が収穫できている。糖度も高く種が少ないので食べやすい。多くの人に味わってもらいたい」と自信を見せる。今年は、10月下旬までの出荷を見込んでいる。
(庄原)

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 広島県の農業は”新しい力”を求めています
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • ライススポーツセミナー2017
  • JA共済連広島今月のプレゼント!

メディア情報

  • つなぐ大地の絆
  • あっぱれ熟年ファーマーズ
  • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾
  • ひるまえ直送便