担い手訪問活動強化

佐伯中央・担い手訪問 JA佐伯中央は10月上旬、管内の担い手に対する訪問活動を強化するため、本店管理職や営農指導員、支店長もしくは支店融資担当者が3人のグループを作り訪問し、JA自己改革について意見を交わした。農業所得増大に向けたスケールメリットを活かした低コスト資材の供給やJA産直ふれあい市場での対面販売・試食会などのイベントについて、農業生産の拡大として新規農業経営者育成事業を廿日市市と連携して取り組んでいることなど説明した。新規融資の提案も行った。西本雄二総務部長は「信用事業の利用が多く、准組合員の比率が高いJAだが、だからこそ、総合事業を行っている意味はある。准組合員が正組合員を、正組合員は准組合員を、お互いに支え合うことで成り立っている。どちらも欠けてはならい存在だ」と話している。
(佐伯中央)

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 広島県の農業は”新しい力”を求めています
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • JA共済連広島今月のプレゼント!

メディア情報

  • つなぐ大地の絆
  • あっぱれ熟年ファーマーズ
  • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾
  • ひるまえ直送便