県内最大産地スイートピー初出荷/JA呉沖スイトピア部会

呉・スイートピー初荷受 県内最大のスイートピーの生産地となる江田島市沖で初出荷を迎えた。初日は2,300本が集まり、集出荷場にさわやかな甘い香りが広がる。「門出、優しい思い出」が花言葉になるスイートピーは結婚式、卒業式に使われる3月をピークに4月上旬まで1,000万本が広島県内を始め姫路などへ出荷される。

 JA呉沖スイトピア部会は、1法人を含む18軒の生産者がおり、1987年から30年以上続く部会。出荷は人気のピンクが60㌫を占める。濃淡の幅が広く、また「サンセット」「ショコラ」「ラビオス」などオリジナル品種も多く、50種類以上の品種のスイートピーが栽培されている。

 下川俊治部会長は、「10月の長雨が成長に影響し、例年より2週間ほど出荷が遅れたが、良い仕上がりになっている。部会も高齢化してきたが、生産者一丸となって、生産量を継続できるよう取り組んでいきたい」と話した。
(呉)

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 広島県の農業は”新しい力”を求めています
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • JA共済連広島今月のプレゼント!

メディア情報

  • つなぐ大地の絆
  • あっぱれ熟年ファーマーズ
  • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾
  • ひるまえ直送便