呉の伝統野菜「広甘藍」PR/広甘藍、全部食べられます/JA呉、広甘藍ブランド推進協議会

呉・広甘藍①もう一口 広カンラン生産組合とJA呉、呉市の三者で構成される広甘藍ブランド推進協議会は、11月25、26日に安芸郡府中町にあるイオンモール広島府中の食品売場で、呉の伝統野菜「広甘藍」の試食販売を行った。協議会が大型商業施設で試食販売を行うのは、これが初めて。

 広甘藍は、通常のキャベツに比べて、糖度が高く芯まで柔らかいのが特徴で、生でもおいしく食べられる。塩こうじとごま油の和え物を試食に用意し、広甘藍を使ったレシピの冊子を配った。「芯まで柔らかく、外葉も全部食べられます」と声をかけると、多くの買い物客が足を止めた。

 この活動に参加した生産者の榎眞太朗さんは「子どもたちがおいしそうに食べてくれた。

 こうした取り組みを通じて、多くの人が広甘藍に興味を持ってくれると嬉しい」と話す。

 JA呉の森田剛司営農指導員は、「実際に食べてもらうことが、広甘藍の良さ知ってもらう一番の近道。地元以外での販促活動も積極的に行い、消費拡大に繋げていきたい」と意気込みを話した。
(呉)

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • JA共済連広島今月のプレゼント!

メディア情報

  • つなぐ大地の絆
  • あっぱれ熟年ファーマーズ
  • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾
  • ひるまえ直送便