ダイコンのような極太ゴボウを収穫/神石郡神石高原町

 神石郡神石高原町の竹下民江さん(80)は11月下旬、ゴボウの収穫作業に励んでいると、土の中から直径6センチ、胴回り19センチ、長さ55センチの極太ゴボウが3本姿を出し、「まるでダイコンみたい」と近所の人を驚かせている。

 竹下さんも「10年以上ゴボウを作っているが、こんな巨大ゴボウ見たことない。このゴボウのように来年も太く長く根を張った良い年になれば」と目を丸くする。やわらかくゴボウ独特の香りも高いので、きんぴらや煮つけにして家族で味わう予定だ。
 竹下さんは例年並みの3月下旬、5アールの畑に種をまいて、いつも通り育てた。

 極太のゴボウは3本とも約900グラムあった。育てる畑は標高500メートル前後にあり、冷涼な気候で独特の粘りのある土でゴボウ栽培に向いているという。竹下さんの育てるゴボウは福山市内の小売店に送り出し、神石高原町産ゴボウとして人気が高い。(広島・ふくやま)

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • 子育て応援団すこやか2018
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • JA共済連広島今月のプレゼント!

メディア情報

  • つなぐ大地の絆
  • あっぱれ熟年ファーマーズ
  • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾
  • ひるまえ直送便