地元大学生とコラボしPR 地元の農産物でレシピ開発

呉・ 広島国際大学生レシピ試食会 広島国際大学医療栄養学部(呉キャンパス)の2年生9人が26日、JA呉グリーンセンターで、管内で生産される米を主に使用し、炒飯やピザ、デザートなど10品目・150食を準備し試食会を行った。同大学との連携は、栄養士を目指す大学生に県産農林水産物をPRしてもらうことで食材の価値を高めようと、広島県とJA広島中央会、JA全農ひろしまでつくる「ひろしま地産地消協議会」の活動の一環で、今年3年目。

 レシピだけでなくメニュー表も考えられ、10品目の中から、A・Bと選べるプレートを用意。来場者に食べたいプレートを選んでもらうように工夫した。来場者の中には、全品食べ比べたいと再度、列に並ぶ人も多く、150食分の料理は1時間ほどで無くなった。

 料理を配膳していた同大学生、佐藤未歩さん(20)は「今までにないもの、栄養面に気をつけたものを考え、完成品として出せるまで半年掛かった。今、私たち若い世代には、米離れが広がっている。米をご飯としてだけでなく、おかずとしてとらえて広い世代で食べてもらいたい」と話す。

 来場した女性は、「とても美味しい。米をそのままでなく米粉にして使うとレパートリーが増える。ぜひ家でも作りたい。大学生の将来が楽しみ」と笑顔で話した。(呉)

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • 子育て応援団すこやか2018
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • JA共済連広島今月のプレゼント!

メディア情報

  • つなぐ大地の絆
  • あっぱれ熟年ファーマーズ
  • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾
  • ひるまえ直送便