向島大玉トマト出荷開始

おのみち・トマト出荷開始 JA尾道市トマト部会は4月30日、大玉トマト「桃太郎ヨーク」の出荷を始めた。尾道市向島地区でハウス栽培される。1玉200㌘を超えるほど肉厚で、甘みと酸味のバランスがとれた食味が特徴だ。今年度のトマト出荷量は330㌧と見込まれ、県内に出荷される。

 同部会の三阪哲美部会長(59)は、「冬の夜間など、温度管理に苦労した」と話す。1月2月の気温が低かったため、初期栽培でトマトの育ちが停滞気味に推移。昨年より約10日遅い出荷となった。

 JA向島営農センターの選果場に出荷されたトマトは、検査員が大きさや形、着色具合を判断し、手作業で階級毎に仕分ける。出荷量が増えてくると、選果場内にある選果機を稼働させる。このトマトは尾道市の農産物認証制度「尾道ブランド」にも登録されており、安全・安心な農産物として消費量増及びPRを図っていく。

 同センターの則頭昌直係長は「ここまで生育は比較的順調だが、梅雨時期は例年より雨量が多く予想されるので、そのための栽培管理を生産者に呼びかけていきたい」と話す。
(おのみち)

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • JA共済連広島今月のプレゼント!

メディア情報

  • つなぐ大地の絆
  • あっぱれ熟年ファーマーズ
  • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾
  • ひるまえ直送便