アスパラガス春芽出荷本格化

 おのみち・アスパラガス出荷本格化 JA尾道市アスパラガス部会では、3月末から始まったアスパラガス「ウエルカム」の春芽出荷が、今月に入って本格化してきている。

   同部会は、寒暖差の大きい世羅台地や尾道市北部地域を中心に、約80戸の生産者が約16㌶で栽培している。「ウエルカム」は、食感が柔らかく、甘みも強い。ハウス栽培する産地が多い中、同部会では露地栽培の比率が高く、細かな防除管理などが必要になるが、鮮やかな緑に色づいたアスパラガスができる。

  JA世羅営農センターの農産物集出荷センターへ集められたアスパラガスは、選別機で等階級ごとに選別される。長さを他産地が25㌢程度で出荷するところを、同部会は消費者の食べやすさなどを考え、23.5㌢で出荷している。「余すところなく全部食べられる」と市場からの評価は高い。春芽アスパラガスは今月末頃まで続き、7月頃から夏芽も始まる予定。今年度は約110㌧を県内や大阪市場に出荷する計画を立てている。

  國正健治部会長(69)は「自然豊かな産地で育ったアスパラガスだから品質、食味ともに上々。消費者の方に色々な料理で楽しんでほしい」と話していた。
(おのみち)

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • 子育て応援団すこやか2018
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • JA共済連広島今月のプレゼント!

メディア情報

  • つなぐ大地の絆
  • あっぱれ熟年ファーマーズ
  • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾
  • ひるまえ直送便