「日川白鳳」初出荷

三原・桃初出荷 JA三原中之町出張所選果場で6月28日、同市深町特産の桃、「日川白鳳」が初出荷された。今年は収穫前の雨が少なかったため、糖度が高く収穫量は平年並みだ。日川白鳳は、美しい丸い形。かぶりつくと果汁が滴るほどのジューシーな果肉が特徴。

 当日は、朝採りした桃を生産者らが1つずつ丁寧に選果、箱詰めし、58箱(1箱4㌔)を出荷した。今年度の生産量は40㌧を見込んでおり、販売高は約250万円を目標に掲げる。日川白鳳から始まり、「あかつき」、「冷水白鳳」、などを栽培し収穫時期は、8月上旬まで続く予定。
 深町落葉果樹生産組合代表の為清隆美さん(67)は「生産者の軒数は少ないですが、品質を維持し良い物を提供したい。また深町の故郷の味、桃や柿を絶やすことなく作り続けていきたい」と意気込みを語った。

 地元市場やJA三原やっさふれあい市場、中之町出張所選果場で販売し、全国発送も行う。問い合わせ先は、三原営農センター0848(63)8195。(三原)

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • 子育て応援団すこやか2018
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • JA共済連広島今月のプレゼント!

メディア情報

  • つなぐ大地の絆
  • あっぱれ熟年ファーマーズ
  • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾
  • ひるまえ直送便