西条柿本格的に出荷開始

 三原・深町『西條柿』深町落葉果樹生産出荷組合は10月上旬から、同市深町の特産である西条柿の出荷を本格的にスタートした。

 西条柿の特徴は、縦長で側面に4条の溝があり、色はあまり濃くないが、糖度が高く甘い。通常は炭酸ガスやドライアイスによる渋抜きが多い中、深町の西条柿は酒を使うことで風味豊かで舌触りが柔らかいことが特徴。今年は、保存期間を延ばすため、初めて真空パックの出荷に取り組む。今年は夏に雨が少なく、実がこぶりで、生産量は7㌧と減る見込み。

 為清隆美会長は、「すこし小ぶりだが、糖度が高く、艶もあり良い出来となった。毎年県外からのお客様も増えてきて、この味をしっかりと守っていきたい」と熱い思いで話した。

 出荷された西条柿は、JA三原産直市やっさふれあい市場や地元市場に入荷される。(三原)

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • JA共済連広島今月のプレゼント!

メディア情報

  • つなぐ大地の絆
  • あっぱれ熟年ファーマーズ
  • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾
  • ひるまえ直送便