新人職員研修/協同活動を担う人材育成

 広島中央・新入職員研修JA広島中央は2019年度から、新入職員を対象にした研修に年間で取り組んでる。配属先で実務に就きながら、月2、3回の集合研修で多岐に渡る総合事業に携わることで、協同活動を担う人材を育てる自己改革の一環。
 

 2019年度の新入職員は14人で、年間43日の研修を計画。入組後7日間は社会人としてのマナーやJA事業への理解を深めた。配属後は、業務に就きながら研修に参加する。共済の基礎知識や信用窓口の応対スキル、肥料・農薬など経済事業の基礎知識など、事業の講義を受講。育苗センターやグリーンセンター、ライスセンターなどの実習の他、組合員の圃場で農業も体験する。農協職員資格認証や証券外務員などの試験対策も行い、JA業務に必要な資格取得を促す。
 

 JAは2019年度、新入職員研修を見直した。昨年までは、入組前のJA広島中央会の新採用職員研修と、入組後1週間のJAでの研修後、配属先で担当業務を実践で学びながら専門性を高めていた。2019年度は、農業や担当業務以外の事業についても学び、幅広い知識を身に付ける。
 

 6月1日の農業実習では、東広島市の農事組合法人ファーム西田口の圃場で田植えを体験。組合員や営農指導員に教わりながら手植えした。
 人事課の清田幸宏課長は「農業をはじめとしたJAの総合事業をしっかりと理解することで、組合員・利用者にJA自己改革や協同活動について語れる人材に育成したい」と話す。

(広島中央)

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • JA共済連広島今月のプレゼント!
  • メディア情報

    • つなぐ大地の絆
    • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾
    • ひるまえ直送便
    • 『ひろしまフードフェスティバル2018
      「JAふるさと地産地消村」
      JA元気鍋募金』のご報告

      ・実施日: 平成30年10月27日(土)
      28日(日)
      ・募金額: 268,259円(売上金全額)
      ・募金先: 広島県「平成30年7月
      広島県豪雨災害義援金」