家の光記事活用の参考に/レディースクラブ可部支部

広島市安佐北区のJA広島市レディースクラブ可部支部は、手芸の題材として気軽に取り組め、エコにつながる「新聞広告で作るコサージュ」を、『家の光』を活用して、発信することに取り組んだ。

 同支部の原口淳子支部長(74)が、4年前に友人からもらった手作りのコサージュの出来栄えがよかったことをきっかけに支部活動で取り組み、会員から好評だったことをから『家の光』編集部へ同題材を提案し、同誌で紹介されることが決まった。

 原口支部長は「手に入りやすく安価な新聞を材料に、ぜひ他のJA女性組織の皆さんにも作ってもらいたい。日本農業新聞を材料に使うと、よりきれいなコサージュに仕上がる」と話した。

 10月下旬には、会員の田中美枝子(70)さんらが講師となり、部員32人がコサージュづくりを楽しんだ。仲間とのふれあいを大切にし、料理や手芸、園芸などの分野を得意とする会員が講師となり、誰でも気軽に楽しめる題材に取り組んでいる。

(広島市)

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • JA共済連広島今月のプレゼント!
  • メディア情報

    • つなぐ大地の絆
    • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾
    • ひるまえ直送便