ダイジョ芋生産拡大へ/JA福山市管内の農家10人で発足/福山ダイジョ芋生産販売組合

 JA福山市管内の農家10人が、東南アジア原産のイモ、「ダイジョ」の生産や販売に取り組む「福山ダイジョ芋生産販売組合」を発足した。生産者が相互の技術や品質向上を図るため、情報交換をし、連携した生産や販売で、生産量と販路の拡大を目指す。

 ダイジョ芋は、ヤムイモの一種。国内では主に沖縄県や九州南部で作られ、同JA管内では福山市の南部を中心に栽培に取り組んでいる。

 同JA川口支店で5月下旬に開いた設立総会には、生産者や来賓など10人が出席。新型コロナウィルス感染拡大防止のため、換気や出席人数の縮小など対策をとった。また、2020年度の事業計画や規約など4つの議案を書面議決とした。

 組合長に就任した佐々木重綱さんは「組合の結束力を高めて、栽培農家の普及と生産力、品質を向上させ、ダイジョ芋を広く知ってもらえるよう取り組んでいきたい」と意気込んだ。

 組合として今年度は、JAの直売所などへ5㌧の出荷を計画している。

(福山市)

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • JAグループ広島 はじめてばこ応募フォーム
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • JA共済連広島今月のプレゼント!
  • メディア情報

    • つなぐ大地の絆
    • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾
    • ひるまえ直送便