広島県内農業ニュース

【ひろしま・呉】特産キュウリ活躍 今年も冷麺に、キャラでPR JAひろしま呉 セブン―イレブン

2024.05.28
県内農業

 広島県江田島市特産「江田島きゅうり」を使った「呉風冷麺」が14日、大手コンビニエンスストアのセブン―イレブンで販売を始めた。7月末まで県内全店で販売する。
 「江田島きゅうり」はJAひろしま呉地域営農経済センター、江田島アグリセンターとJA全農ひろしまが協力し、セブン―イレブン・ジャパンへ供給する。ご当地グルメとして人気の「呉冷麺」の具材に活用される。
 産地限定の食材を使い、他商品との差別化により販売拡大を狙って2022年に企画。今回から、パッケージには「江田島きゅうり」のキャラクターが採用された。
 「江田島きゅうり」を栽培するのは江田島市の江田島野菜出荷組合胡瓜部会。23人が所属し、約4㌶のハウスで4~7月中旬、10~翌年1月末まで約610㌧を生産する。
 同部会の小松真也組合長(44)は「丹精込めたキュウリが入った呉風冷麺。シャキシャキとした食感を楽しんでほしい」と笑顔でPRする。
 販売は6月下旬まで広島、山口県のほか山陰地方の一部。それ以降は県内のみの販売となる。
 同JAの渡辺一弘さんは「販路拡大することで産地の底上げと生産意欲の向上につながるよう努力する」と意気込む。

、組合員の声を聴き声に応えるJA運営を目指し、組合員訪問の徹底や組合員との徹底した話合い実出荷が本格化する県産貯蔵レモンの引き合いが強まっている。県内カンキツ産地がレモンの出荷期間を延ばそうとする取り組みで、「広島レモン」年間供給体制の一環だ。1~3月の旬のイエローレモンを鮮度保持フィルムで個包装し、約4カ月間冷蔵貯蔵した後、通常の露地物が終わってから出荷を始める。気温が高まる初夏から夏にかけてはレモンの需要が高まる半面、国産レモンの端境期になるため貯蔵レモンは全国的に引き合いが強まっている。地産地消や国産にこだわる店舗では必須の商材となっている他、飲食店やホテルでも地元産のこだわり食材として採用されている。メーンの出荷先となる広島市中央卸売市場では荷受や仲卸が冷蔵庫で保管しながら末端の注文に対応しており、常に供給不足の状態になっている。JA広島果実連の藤田裕司課長補佐は「安全性が高くジューシーで美味しいレモンは商品価値が高く、様々な場面で活用されている。品質の高さと産地関係者の努力をアピールしながら販売を盛り上げたい」と話す。県内JAではロスを抑制する貯蔵技術の研鑽と合わせて、新たな選果設備を導入したり、貯蔵を外部に委託する等して今後の増産に備えている。6月下旬頃まで販売され県全体で60㌧の出荷を計画している。践運動に取り組み、組合員や地域との結びつきを強化している。8~16日の間で計5日、2023年度の総代選挙により新たに総代に就任した30支店129名の新総代を常勤役員と支店長が出向き、同JAに対する意見や要望、ニーズの把握に努めている。
 初日の8日には、4支店34名の新総代を訪問。総代の皆さんの日頃の活動などを聴き対話した。JA広島市直営産直市「農彩館 五日市ファーマーズマーケット」へ出荷する五日市中央支店の杉田晶子総代は「店舗の陳列棚に常に農産物や加工品が並ぶよう、出荷者が増えればうれしい」と話し、副島裕常務理事は「地元の農産物や加工品で店舗が賑うことで、生産者の皆さんの所得アップにもつながるので、JAとしても地元の組合員の方へ出荷していただけるよう声掛けを行っていきたい」と応えた。
 同JAは、今後も訪問活動や各支店で行う「支店ふれあい委員会」や各種会合意見交換などを通じた「対話」を原点とし、自己改革に取り組み事業運営へ反映していく。