【JA三原】深町特産西条柿 出番

 JA三原管内の三原市深町では、10月上旬から特産の「西条柿」の出荷が始まっている。
 西条柿は渋柿で、縦長の果形と黄緑色の着色、脱渋後の甘みが強く食味が良いのが特徴。
 通常はドライアイスを用いて渋抜きを行うことが多いが、深町の西条柿は、アルコール35%の焼酎を使い、真空パックで4日程度置くことでより甘みが引き出され、風味豊かで舌触りが滑らかに仕上がる。
 今年は高温少雨の影響で少し小玉傾向となったが、出荷量は2.5㌧と平年並みで、色や糖度も良好。
 深町落葉果樹生産出荷組合の為清隆美組合長は「今年も良質な西条柿に仕上がった。こだわって作ったこの味を、ぜひ多くの方に食べてもらいたい」と自信を見せる。
 出荷は10月下旬まで続き、11月上旬からは「富有柿」の出荷も始まる予定。

ページの先頭へ

企画・イベント

  • 今月のJAプレゼント
  • JAファーマーズマーケットマップ
  • イベントカレンダー
  • 豊かな「くらしづくり」「地域づくり」
  • ひろしま ライスクッキングコンテスト
  • 「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール
  • JAグループ広島 はじめてばこ応募フォーム
  • ええ農ひろしま 「おいしい」が生まれる場所
  • JA共済連広島今月のプレゼント!
  • メディア情報

    • つなぐ大地の絆
    • ナチュラリスト流 ひろしま食農塾